山々に囲まれた田園が広がる鏡野町の風景

For children of the future 2040

TEL: 0868-54-7655

       
カガミノミライロゴ

カガミノでミライへつながるヒトビト

カガミノミライとの出会いがきっかけで鏡野町に移住して夢を実現している方々や
鏡野町を地元として活躍されている仲間たちをご紹介します。

移住してくらすヒト

鏡野町へ移住して林業を始めた松岡真由美さん
鏡野町へ移住して美術館を建てた辻本さん
鏡野町へ移住して民泊をはじめた瀧本さんご家族
鏡野町へご夫婦で移住した宮澤ご夫妻
鏡野町へ移住して務めるかたわら登山の専門家を目指す

鏡野に深く関わるヒト

鏡野町で原木しいたけ栽培となまずの養殖をされる浅山さん
鏡野町でトマト農家を営む井上さん
鏡野町でコメを生産する岡田さん
津山市で清掃会社を経営する山野さん
鏡野町の国民宿舎支配人の長瀧さん
鏡野町で四つ葉のクローバーの生産販売を行う起業家、矢部さん

二拠点生活のヒト

画像準備中

二拠点生活とは…生活の拠点を2か所に持ち、例えば平日は都会で働きながら、休日は田舎でリラックスするといった生活の様式。

カガミノミライロゴ

スタッフが語る、移住の経験

移住で夢を叶えながら僕自身スタッフとして働いています

出身地:大阪 ⇒ 鏡野へ移住
一般社団法人カガミノミライ-スタッフ松岡

一般社団法人カガミノミライ 松岡 浩樹

鏡野町と信頼できる協力者に出会う

僕は大阪出身で15年間製薬会社に勤めており、妻の希望でいつか田舎で暮らしたいと思っていました。移住先の第一希望は徳島県だったので、まず初めに徳島県那賀町を訪れ、その後岡山県和気町・美作市と訪問しました。 その頃、大阪で開催されていた移住・定住フェアでカガミノミライのスタッフ宮下さんが話されているのを聞いて岡山県鏡野町に興味を持ち、ブースでさらに詳しい話を聞きました。他ではあまり聞かなかった移住のデメリットまで話して下さり、カガミノミライの杉山さん、宮下さんに信頼感を持ちました。そこで、一度鏡野町に行ってみようと決意しました。

夫婦が思う「ちょうどいい田舎」鏡野町

その年の8月に鏡野町に来町し、僕たちを担当してくださった宮下さんの案内で町内を見て回りました。 自然が豊かで山に囲まれた環境はとてもすがすがしく、また生活環境も病院やスーパー、温泉なども近くにあり、車があれば問題なく生活ができると感じました。 鏡野町には僕たち夫婦が求めていた「ちょうどいい田舎」と、「カガミノミライ」という移住者をサポートしてくれるところがあったので、夫婦2人共鏡野町を気に入り、移住することを決めました。

初来町から5か月で引越し、就職も

次は物件探しですが、田舎暮らしでよく希望される古民家の賃貸物件は見つかりにくいと言われます。しかし僕たちの場合は宮下さんからも知人にあたっていただき、貸してもよいという人にほどなく出会うことができました。その後も宮下さんが、大阪にいてすぐに動けない僕たちの代わりに家の改修に立ち会って下さり、スムーズに鏡野町に移住できる準備を進めることができ、2017年1月に鏡野町に移住しました。 今では、私もカガミノミライのスタッフとして、先輩移住者として相談業務に携わっています。